実際に青汁を飲むとどれくらい血圧の数値が下がるのか。

「青汁を飲むと血圧が下がる」そういった健康食品として有名な青汁。
実際に飲用している方の口コミでも青汁は血圧を下げるという効果を実感している方がほとんどです。
では「実際に青汁を飲むとどれくらい血圧の数値が下がるのか。」気になりますよね?
今回はある実験結果をもとに解説していきたいとおもいます!

■実際に行われた実験

8d7218e3e6fdbfbcc533b65cdc26a593_s

1.ある、青汁を1日2包飲む
2.実験期間は8週間
3.対象者は30歳~70代の男女
4.血圧は収縮期血圧が120mmHg以上、拡張期血圧が80mmHg以上

ということで実際に実験を行ったそうです。

■実験結果

・実験開始2週目より収縮期血圧が低下
・実験開始4週目より拡張期血圧が低下

実験結果は個人差がありますが大体の方が平均して10~20mmHg血圧を下げることに成功しました。

■本来の高血圧と呼ばれる分類

WHO(世界保健機関)つまり、世界で決められている血圧の基準値は、
収縮期血圧が140mmHg以上、拡張期血圧が90mmHg以上というように定められています。
それ以上を超えてしまうと身体に心筋梗塞や脳梗塞など危険性をもたらしたりする可能性があるのです。

■青汁が血圧をなぜ下げるのか

青汁に含まれる「カリウム」という成分は身体の中にある塩分、つまりナトリウムを体外へと尿としてこしだす役割があります。
さらにカリウムというのは緩やかに血圧を下げる働きがあるのです。
急激な血圧の変動というのはめまいやふらつきなどを引き起こします。

その例として挙げられるのがよく熱いお風呂に使っていざ上がって着替えようと思ったときに特に冬場、気温の変化により血圧が変動しふらつきなどを感じませんか?
下手したら浴室は濡れていて滑るのでそのままクラッときて倒れ、床などに頭を打つ可能性もありますよね。

982376bf31e3058935da1ec4afbd552b_s

今はお風呂について例としてあげましたが実際には血圧の急激な変動は避けたいところです。
ですが青汁はこうして緩やかに血圧を下げ、しかも約2週間で変わるとしたらぜひ試していただきたいものですね。

血圧を下げる薬と青汁の高血圧改善効果を比較

青汁は「血圧を下げる」という効果があるとして有名ですよね。
ですが、そもそも青汁ではなく「血圧を下げる薬」というのがこの世の中には存在します。
「血圧を下げる薬を飲めば?」「青汁と血圧を下げる薬どっちを飲めば?」などと疑問に思う方いますよね。
では今回は血圧を下げる薬と青汁の高血圧改善効果を比較致します!

■青汁を飲むことによって血圧を下げる

ed71f8a0ab72462f9dd12be82fa9c61d_s

青汁の本来の目的は「血圧を下げる」というのが主ではありません。
様々なビタミンが豊富で野菜不足の方には非常にお勧めなあくまでも「健康補助食品」の一種として知られています。

その一つの効果として「青汁が血圧を下げる」として言われているのです。
ではなぜ青汁は血圧を下げる効果があるのでしょうか?
まず、青汁に含まれる「カリウム」という成分があります。高血圧というのは「ナトリウム」塩分の過剰摂取によって高血圧になってしまうケースがほとんどです。
カリウムとナトリウムは私たちの身体の中で切っても切れない関係性があります。
実はカリウムは体内にある余分なナトリウムを体外へ尿としてこしだす役割があるのです。
さらに緩やかに血圧をさげる働きがあるので飲み続けることによってゆっくりと正常値へと持って行ってくれるでしょう。
また、青汁に含まれるマグネシウムもにもなるのです。

■血圧を下げる薬について

7950f04b0d98810bbf2d3c6fe3e56067_s

「血圧を下げる薬=降下剤」というのは医師の処方のもとで服用することができますがこちらは青汁とは違って急激に血圧を下げるような働きがあります。
降下剤には様々な薬がありますがほとんどがそのような作用をもたらすのです。
また、薬ですので「副作用」というものが存在します。
主に、「めまい」「ふらつき」「貧血」「吐き気」「頭痛」などを感じる方がほとんどです。

健康を目的とした「青汁」。血圧を下げることを目的とした「降下剤」。
血圧を下げることには変わりませんが、緩やかに血圧を下げるのか、急激に下げるのか…。
そして副作用があるという点を見ると私は青汁をおすすめします。
しかし数値にもよるので一度医者にみてもらい降下剤を使って副作用に耐えられなければ青汁を選択するのも一つの手だと思いますよ。

野菜不足の解消に青汁を飲むと高血圧まで解消する理由

「日常の食事で中々野菜を取り入れることができない…。」「食生活が乱れているから高血圧なのかしら?」
そんな方いますよね?
今回はそんな野菜不足の解消に青汁を飲むと高血圧まで解消する理由について迫ります。

1.1日の野菜の摂取目安は?

9aac72a5cb1b85834e6b0e973bae41bc_s

みなさんご存じですか?現代人では忙しくて食事を片手にお仕事をしたり、好きなものばかり食べたり…。
などと食生活が乱れている方が非常に多いのが現状です。
ここではご自身の一日の食事も振り返りながら考えてみましょう。
まず1日に摂取する野菜の量の目安は350gと言われています。
これは一体どれくらい?と疑問に思いますよね。
目安としては両手一杯分の量になります。これが1日に摂取する最低限の野菜の摂取量です。

2.なぜ青汁で野菜不足と高血圧は改善できる?

青汁には様々な栄養素が含まれています。
ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKなどなど…。
そしてミネラルもカルシウムやカリウム、マグネシウム、微量ですがナトリウムも含まれています。
実はこれらの栄養素に関係性があるのです。

■高血圧の解消その⓵:カリウムの役割

高血圧の原因となる「ナトリウムの過剰摂取」に対してカリウムというのは尿として身体の外へとこしだす働きがあります。
ナトリウムの過剰摂取によって血圧が高くなっていたものを青汁を飲み続けていれば正常値に戻すような役割があるのです。

■高血圧の解消その⓶:ビタミンB群はすごい!

高血圧の原因はナトリウムの過剰摂取だけではありません。
実は「脂質の過剰摂取」も関係しているのです。
なぜ脂質の過剰摂取とビタミンB群が関係しているのかというと
ビタミンB群の中には「ナイアシン」という成分が存在します。実はこのナイアシン、
脂質の代謝をよくしてくれる働きがあるのです。
ですから血液中にある余分な脂質を促し体内を巡らせ、エネルギーとして変換してくれる役割があります!

意外と知らなかったこの関係性。
逆に言ってしまうと野菜不足は高血圧を引き起こす可能性もあるということですね。
普段の生活で十分に野菜が摂取できない方は青汁を活用してみましょう!

2919baaa234b0a84b7fc8cc35245e6a2_s

青汁に含まれるカリウムが血圧を下げる。ただし飲みすぎには注意

青汁には様々な栄養素が含まれています。
それは主原料となっている「ケール」や「明日葉」「大麦若葉」など、
そして「よもぎ」や「桑の葉」など様々な栄養素の高い植物が使用されているからです。

血圧が高い人の要因の一つに「ナトリウムの過剰摂取」があります。
青汁には「カリウム」という成分が含まれており、ナトリウムを尿としてこしだす役割があるのです。
詳しくは別の記事で紹介しましたが、実はそんなカリウムを含む青汁の飲みすぎには注しなければなりません。

1.血圧を下げるカリウムの役割

まずはカリウムについてご説明しますね。
まずカリウムというのは元々私たちの身体の中に存在しているのです。その中でも8~9番目に多く存在しているのです。
食事を摂取する際に「塩」が使われているのがほとんどですよね?そんな塩、つまりナトリウムは身体の中で水と結合します。
ただ過剰摂取してしまうとどうしても体内にため込んだままになってしまい、むくんでしまったり、血圧があがったりと…。
そんなナトリウムの濃度が高いとカリウムは水と結合したナトリウムを体外へと排出する役割をしています。

2.そんなカリウムにも過剰摂取すると身体に危険が!

664a1a41ecb66792e66b7d8c7e831e50_s

動物実験でも立証されているカリウムが血圧を下げる働き。ですが過剰摂取してしまうと今度は反って身体に及ぼす危険性があるのです。

■腎臓の弱い方には勧めない!

カリウムの不足は低カリウム症という身体にとって致命的な影響を及ぼすものとされていますが、絶対に勧めてならないのが腎臓病の患者さんです。
カリウムの排出を腎臓が抑えてくれているための役割を妨げてしまいます。

また、カリウムの過剰摂取は腎不全となり、今度は体外へカリウムを排出することができなくなるのです。
そうすると高カリウム症といって不整脈を起こす危険性が!

カリウムは食材でいうとパセリやアボカド、アーモンドなどに多く含まれています。

cc25d77cc5db85d06254bda5998ff2cc_s
「血圧が下がるから!」「むくみが解消されるから!」といってカリウムの過剰摂取をすることは危険ですので気を付けましょう。

青汁は生理不順の改善に効果はあるのか

約月に1度訪れる生理。ですがこの生理が中々予定日通りにこなかったりと若い方をはじめ幅広い年齢層でお悩みの方が多いですよね?
実は青汁も入っている成分によれば生理不順を改善する効果があるのです!
今回はそんな生理不順と青汁について徹底解説致します。

1.そもそも生理不順とはなぜ起こるのか?

「生理の周期が短い」、もしくは「3ヵ月に一度しか生理が来ない」など生理の周期が安定しない方を生理不順と呼びます。ではなぜ生理不順は起こるのでしょうか?

■ホルモンの分泌量の低下

女性の身体はホルモンの影響を非常に受けやすくできています。
本来分泌されるホルモンの量が少ないと生理不順に陥りやすいです。
その要因として挙げられるのが、よく若い女の子が無理なダイエットをしたり、
アスリートが運動のしすぎでホルモンの調整をする役割のある体脂肪量が少なくなってしまったり…。
そして一番身近に感じるのが精神的ストレスによるもの。
私も高校受験のときや身内がなくなったとき、職場の環境が変わったときは中々生理が来なかったものです。

2.青汁を飲んでなぜ生理不順は改善できるのか

前もって述べておきますがすべての青汁が生理不順を改善するとは限りません。
購入の際に成分表を必ず確認していただきたいのですがポイントは、

「大豆イソフラボン」という言葉!

女性なら必ず一度は耳にしたことがあります。
このイソフラボンという大豆に含まれるこの成分は女性ホルモンと似た働きをしてくれるのです。
今では美容に良いとされていて化粧水や美容クリームなどの評判を集めていますよね。
先ほど説明したように生理不順の原因は「女性ホルモンの分泌量の低下」によるものです。
それでは逆に女性ホルモンを増やしてあげるような役割のものを青汁としてセレクトしましょう。
もちろん薬局やインターネットでも販売しています。
更に美容製品として使われることが多いため生理前の気になる肌荒れにも効果的です。

37ea7eae665105a5f041a570501c259e_s

青汁も大切ですがまずはストレスをためないことが大切。
しかし生理は来ると辛いけど来ないと不安になるそんな悩みを青汁は解消してくれるはずです。

97dab7c8add8d27d027d48265ed49fe3_s

血圧が高い人も要注意。青汁と一緒に飲んではいけない薬

「血圧を下げる効果がある」といわれている青汁。血圧が高いと医師に判断された方、

そんな方は血圧を下げるよな作用の薬を飲んでることでしょう。
ですが今回は返って危険を及ぼす影響のある血圧が高い人も注意していただきたい、青汁と一緒に飲んではいけない薬をご紹介します。

1.高血圧はどのあたりから高血圧と呼ぶの?

よく、「血圧が高いのよね~」などそういったことを言っている方がいますが実際に高血圧に分類されるラインはどこでしょうか?
実はWHO(世界保健機関)では収縮期血圧が140mmHg以上、拡張期血圧が90mmHg以上だと高血圧に分類されます。
それを上回ると心機能に障害をもたらしたりする可能性があるのです。

2.高血圧の人が服用する主な薬

医師の処方のもと、血圧を下げる薬を飲んでいる方はいるかと思います。
主に、
・ワーファリン
・Ca拮抗薬
・ARB
・利尿薬
・α1遮断薬
・β遮断薬
があります。

3.青汁と併用すると危険を及ぼす影響のある薬

a07fbb6a5e3ec4350a2ce4eef3adecf3_s

その中でも実は青汁と併用すると身体に危険をもたらすような薬が!

■ワーファリン

この薬は血液が固まるのを防ぐような役割をしています。
ではなぜダメなのか。
青汁にはビタミンKという栄養素が含まれており、
ビタミンKにはワーファリンとは逆に血液を固める役割があります。つまり相互作用を及ぼします。
青汁だけではなくビタミンKを多く含む食材、納豆なども併用するのは危険です。

■利尿薬

利尿薬はその名の通りナトリウムを体外に尿として排出するような役割があります。
ですが、青汁には多くのビタミンCが含まれます。ビタミンCは水溶性ですので水に溶け最終的には尿としてこし出されるのです。
その際に腎臓に負担がかかってしまう可能性があります。

「血圧が高いから青汁を飲もう!」その考えは非常に前向きで良いと思いますよ。
ですが、その前に血圧の数値が気になったら必ず医師の診断を受け、処方された薬と決して併用してはいけないものなどお話しを聞くようにしましょう。

青汁には血圧を下げる効果あるって本当?

健康食品としていまでは利用者の多い青汁。
ダイエットを目的としたり、美肌効果があるということで有名ですよね。
ですが、今回は青汁には血圧を下げる効果があるのかどうかという謎について迫ります!

1.血圧とは?

まずは血圧のお話しから勉強しましょう。
血圧というのは血液が流れるときに動脈血管壁に加わる圧力のことをいいます。
つまり血液が流れるときには血管に圧力がかかるということです。

2.血圧が高い人の要因とは?

■本態性高血圧

0543f1f505e74ce51f7ec7f77c24a06a_s

主に脂質・塩分の過剰摂取や運動不足、精神的なストレス、睡眠不足など生活習慣になにかしら問題がある方がこの本態性高血圧に分類されます。

■遺伝

高血圧は遺伝します。しかし、遺伝要素は20%とほとんどの方が本態性高血圧に分類されます。

3.青汁と血圧を下げる関係

ef5c87dcf3e05c7e13ca76de0207f9f2_s

青汁には主成分として、「ケール」「明日葉」「大麦若葉」という植物が多く含まれているのです。
実はこの3つには「カリウム」という成分が多く含まれています。

■ナトリウムについて

ナトリウムは簡単にいうと「塩分」をイメージしてください。
先ほど本態性高血圧のところでも説明をしましたが、「塩分の過剰摂取」が高血圧につながると
書きましたよね?
日ごろ食事をする際にナトリウムというのは基本的には含まれています。
よくあるのがさらに「味が薄い」と言ってお塩をさらに足すこと。
こういった食生活や濃い味を好む方は「塩分の過剰摂取」につながり、本態性高血圧へとなる要因となります。

■カリウムについて

一方カリウムの役割としては体内にある余分なナトリウムを尿や汗として体外へと排出し、
血圧を調整させるような役割があるのです。つまり、カリウムを摂取することによって体内のナトリウムを外へと排出し、血圧を下げるような役割があります!

したがって、青汁を飲むと血圧は下がっていくというのは事実です。
ですが高血圧でお悩みの方が青汁を購入する際には必ず主原料を見ること、
そしてカリウムの含有量を確認するようにしてください。

青汁に含まれるケールは血圧改善に役立つ?

d2508ee0dd000a2ba52609ac099fed43_s

青汁の主成分としてよく含まれている「ケール」。
健康にいいとか食物繊維が豊富だとか…。よく聞くけどケールは血圧の改善に役立つの?
今回はそんな疑問にお答えします!

1.ケールとは?

7927989952ddea115e6412a821291466_s

ケールは温暖な気候で栽培される植物の一つです。
主に地中海沿岸で栽培されています。
なんと、あったかい気候の地域では一年中栽培ができるという収穫量も多いのです!

■栄養価は?

ケールは色の濃い野菜、つまり緑黄色野菜に分類されビタミン・ミネラルも豊富で栄養価も高いのが特徴。
実際に栄養価として高いもので挙げられるのは、
・ビタミンA
・ビタミンB群
・ビタミンC
・ビタミンK
・マグネシウム
・カリウム
・鉄分

になります。

2.ケールと青汁の関係

先ほど挙げたようにさまざまな栄養素に富んでいるケール。
では実際にどの栄養素が血圧を下げる役割があるのでしょうか?

■カリウム

カリウムは別の記事でもご紹介しましたが、実は身体の中にある余分なナトリウム、つまり塩分を体外へと排出し、体の中の塩分濃度を調整してくれるような役割があります。
ナトリウムの過剰摂取は高血圧につながりますが、ケールに含まれるカリウムの働きによって体内のバランスをとってくれているのですね。

■マグネシウム

こちらは名前は聞いたことがあると思います。
高校などの化学で出てくる元素のひとつですね。
このマグネシウムも私たちの体に非常に良い働きをもたらしてくれるのがマグネシウムのすごいところ!
実は血圧が高くなってしまうと血液の通り道、つまり血管の内腔は狭くなっていくのです。
そうすると脂質や栄養素が脳など本来行くべきところへと運ばれなくなり心筋梗塞や脳梗塞につながってしまう危険性があります!!
怖いことですよね…。
ですが、マグネシウムはそんな血管を拡張し、血管にかかる圧力を軽減してくれるような働きがあるのです。

したがってケールには血圧を調整してくれるような役割があります。
さらに緩やかに血圧を下げてくれるので少し血圧が気になる方にはぜひ飲んでいただきたいものです!

血圧改善、生理改善以外の青汁の効果

青汁を飲む効果として「血圧の改善」、「生理改善」は別の記事でご紹介しましたね。
では実際に他にも青汁を飲むと効果ってあるのでしょうか?
この記事では血圧の改善、生理改善以外の青汁の効果をご紹介します。

■青汁の主原料

青汁には主に「ケール」「明日葉」「大麦若葉」の3つが主原料として使われていることがおおいです。
他にも「よもぎ」や「桑の葉」などもあります。
これらの原料が配合されたものが青汁として販売されているのです。

■ケール

6987f450efdb411607b81a80dc7f6d72_s

ケールはビタミンを多く含みます。中でもビタミンCの含有量が非常に高く疲労回復やもちろん美肌効果にも!
ビタミンCには疲労回復効果があるのはご存知でしたか?
どうしても美容に目がいってしまうのですが疲れた身体を修復させるのにはもってこいの成分です。
実際に私も学生時代のころ勉強とアルバイトで睡眠5時間でみっちり授業があり疲労困憊でした。
その時は必ず寝る前にビタミンCの主成分を飲んでから寝て、起きたらすっきり目覚められ、
不眠症の方などにも非常に効果的なものです。

■明日葉

明日葉には豊富な食物繊維と、カリウムの含有量が高いことが特徴です。
食物繊維を摂取することによって血糖値をゆるやかにあげるので糖尿病などの生活習慣病の予防や便秘の改善。
そしてカリウムはむくんでしまう原因の塩分の過剰摂取した際に水分とともに体外へ排出する役割がありますのでむくみの改善にも効果が期待できます。

■大麦若葉

上記の2つの原料よりも多く含まれているのがビタミンB群。
ビタミンB群の働きとしては3大栄養素(糖質、たんぱく質、脂質)の代謝を促す働きがあります。
つまり食事を摂取したときにこのビタミンB群も多いものも一緒に食事で摂ると、エネルギーに変換され体脂肪の蓄積を防いだり、筋肉との合成も助けるような役割があるのです。
効率的に体内へ必要な栄養素を送り込み、またビタミンの摂取により、免疫力の向上につながっていきます。

この3つは販売されているほとんどの青汁に含まれていることが多いです。
美肌効果、不眠症の改善、便秘の改善、むくみの解消、免疫力の向上などの効果が期待できるでしょう。

57eefa12885e9f203abcf30cf920e80c_s

生理前、よく便秘になるけど青汁で治る?

女性には約1ヶ月のスパンで来る生理。
男性は整理が来ないのでわからないかもしれないですが生理は非常に辛いもので…。
腹痛やむくみ、腰の痛み、便秘、吹き出物など生理前や生理中にはよく頭を抱えている方多いですよね?

21a5a13f7d35688fa6a0784303227d5c_s
ひどければ薬を服用する方も中にはいるはずです。
今回は生理前の便秘について青汁で治るのか?という質問にお答えします。

1.生理前なぜ便秘が起きるのか?

756d944812f51b72fbc6dedc91d0638a_s

人にもよりますが本当に便秘に悩ませている方は多いですよね。
おなかもぽっこりでてしまいますし、それによって吹き出物やモチベーションも下がってしまいます。

■女性ホルモンの働き

女性ホルモンは主に「エストロゲン」という卵胞ホルモンと呼ばれるものと「プロゲステロン」という
黄体ホルモンと呼ばれる2種類があります。
実はこの「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が生理前には働いているのです。
よく、生理の周期で「黄体期」といわれるのですが聞いたことありませんか?

■プロゲステロン(黄体ホルモン)が身体にもたらすこと

月経前にこの黄体ホルモンの分泌によって便秘は起こりやすくなります。
なぜならばプロゲステロンが大腸の働きを鈍くさせているのです。
私たち人間は口からとりいれたものを食道へといき、胃や十二指腸などを通り色んな消化酵素によって分解されていきます。そして最後には小腸と大腸が水分を奪い、糞へとこしだす働きがあります。
ですが、先ほど言ったようにこの最終関門の大腸の働きが鈍ると「便秘」という結果になってしまうのです。

2.そんな生理前の便秘は青汁で改善できる?

答えは「Yes」です。
上記で説明したように大腸は水分を奪うと説明しましたね?
まず青汁をのむことによって水分の摂取を補うこと。
また、食物繊維の豊富な青汁は大腸の働きを助けてくれます。
つまり青汁を飲むと生理前でも便秘改善につながるということです!
ぜひ生理前の便秘にお悩みの方は一度試してみてください。